転職って結局強みが大事っていう話

転職って結局強みが大事っていう話

転職において大切なことは何でしょうか?

転職って結局強みが大事っていう話

転職において、大切なこととはいったい何でしょうか。私は、自分自身の「強み」を見つけることが、重要だと考えています。

 

その理由を分析してみましょう。

 

「強み」を見つければ、自分の得意なことが、はっきりしますよね。

 

自分の能力が明確になり、転職先で、その能力が、どう生かせるのかを検討しやすくなります。

 

例えば、もし、自分の強みが「慎重で、仕事が丁寧」なのだとしたら、その「強み」が転職先に求められているものとマッチするなら、転職自体が成功する確率が高いと言えます。

 

しかし、逆に「スピード重視、正確さは二の次」という内容の仕事であるなら、その「強み」は逆に転職先の会社にとっては、あなたの「弱み」になります。

 

転職先をを決定する段階の、自己分析において、「強み」を見つけることには、重大な意味があると考えなければなりません。

 

さらに、「強み」を見つけることは、就職活動においても、重要な要素になります。

 

会社が求めている要素が、あなたの「強み」とマッチしているとわかれば、それを前面に出してアピールすればよいわけですし、精神的にも、あなた自身の強力な後押しになりますよね。

 

ただし、注意してほしいのは、その「強み」が独りよがりなものであったり、ましてや、マニュアル本から導き出した「作り話」であったりしては、ならないということ。

 

転職先の担当者は、何人もの人間をみてきたプロですし、よい人材を確保するために、まさに「鵜の目鷹の目」で、あなたのことをみています。

 

突っ込まれて、すぐにぼろが出るような内容や、裏付けのない内容は、むしろ逆効果。

 

客観的に自分を見つめ直したうえで、担当者を納得させられるだけの、中身の濃いエピソードなどを交えながら、「この人の強みは、うちの会社にとってプラスになりそうだ」と感じさせなければなりません。

 

また、自分自身の「強み」がわかっていれば、実際に転職して、仕事をはじめてからも、役に立ちます。

 

自分が得意なことは、積極的に取り組んでいけばいいですし、逆に不得意だと思えることは、慎重に、あるいは他の人の協力を得ながら、すすめていくなどの臨機応変な対応ができます。

 

「強み」をアピールして、「○○なら、あの人に任せておけば大丈夫」などの評価を得られれば、職場での自分の居場所を確保できますし、モチベーションを保つ効果もありますよね。

 

このような理由から「強み」を見つけることは、転職において、重要な要素であると言えます。

 

まずは、思いつくまま、いくつか書き出してみて、それについて一つ一つ、深く検討してみましょう。

 

それによって、あなた自身の新たな一面がみえてきて、選択肢も広がるかもしれませんよ。

 

更新履歴